ラフマ葉エキスの効能・効果

《ラフマ葉エキスは脳内のセロトニンを産生し(増やし)、セロトニン神経の透過性を良くする。》
セロトニンは、興奮や緊張物質であるノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌を抑え、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であり、精神を安定させる作用があります。
セロトニンが不足すると、うつ病になりやすいなどといった指摘もあり、近年では「うつ病」の治療薬としてセロトニンに作用する薬物も多く処方されています。
セロトニンは年齢と共に、また過度のストレスにより減少することが分かっています。

脳内のセロトニン不足からストレス症候群(イライラする、慢性疲労、血行不良、冷え性、不眠、PMS、偏頭痛など)を招くといわれています。
セロトニンを増やすことは、心のバランス、自律神経及びホルモンバランスの調整に役立ち、ストレス症候群の緩和・解消に期待ができます。

ラフマ葉エキスは、他のハーブサプリと異なり、薬物への相互作用が無いことから、他の薬とも併用することができ、継続的に行えるストレス対策として有効です。
特に女性のセロトニン総量は、男性と比較すると約52%しかなく、セロトニンをケアすることは、現代のストレス社会の中で必要不可欠となってきています。